自分に落ち度はなくても追突され、車に損

車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は中古車として売

車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。

5万km超は多走行車といわれるあたりが減点対象ですが、極端なところでは10万キロ以上走った車は過走行車と言われ、中古車市場では買い手を見つけるのが難しく、ゼロ円査定も珍しくありません。

かといって車の価値がゼロ円だのといったことをここで書くつもりはありません。過(多)走行車や事故車などを扱う専門業者でしたら、使えるパーツ単位で計算して買い取ってくれます。

車を査定してもらうときには車検証だけあれば良いのですが、現実にその車を売却する際には何点か書類を用意することになります。普通自動車を売るのだったら車検証に加えて実印および印鑑証明書、自賠責保険証やリサイクル券、納税証明書を用意することになります。

これらの書類中、納税証明書がなくなっていることに気が付いたら、一般的な普通自動車と軽自動車の場合では再発行してくれるところは違うことを覚えておきましょう。売ろうとしている車が普通自動車だったら都道府県の税事務所ですし、軽自動車だったら役所の窓口に行って再発行の手続きを取るようにしてください。

「修理歴車」は通常、事故車と呼ばれていますが、査定額が大幅にマイナスになる元となってしまいます。

そうは言っても、過去に修理したことがある車がすべて同様に修理歴車として見積もりされることにはなりません。車の骨格に相当するところまで修理されていなければ、外装のへこみなどを板金塗装してあったとしても特段に修理歴車という扱いにはならないのです。

ただ、「修理歴車」として扱われなくても、過去に修理した履歴がある車は減額対象になるケースが多いのです。まだローンの残っている車を売る際は、完済してからでなければ車は売れません。それは返済が終わっていない車というのはローン会社の所有物であり、ローン会社の名義で登録されていることが多いのです。

残っていたローンを車を売却する以前に完済できるのなら構いませんが、もし不可能なら売却額をもって残債を清算するという方法もあります。

ただ、それにはローン会社の承認を得ることが大前提となり、いくつかの手続きを踏まなければいけません。

中古車の売却時におさえたいことは、メール、もしくはインターネットで査定された金額でしょう。

これは、車の価格を決めるときに起こりやすいトラブルの原因です。

この価格で了承して中古車業者に連絡し、来てもらっての査定を受けたら、こすった跡や凹みのため最初よりも買取額が少なくなる場合が多々あります。なので、実際に来てもらって査定するとしてもより多くの業者を視野に入れておくのが賢い売却方法でしょう。車買取業者を利用するときは、査定で気を遣うことはあるものの、金額の折り合いがついたら、あとはほとんどお任せで、きちんとした会社の営業マンならこちらが書類を渡すだけであとの手続きは業者のほうで済ませてくれます。

売主が用意するのは、実印と印鑑登録証明書、車検証、自賠責保険証と自動車税の納税証明書(最新のもの)です。結婚して姓が変わっていたり引越しで住所が違うと戸籍謄本や住民票などが必要になります。時々「納税証明書?見たことない」という人がいますが、車検時に出している自動車税の領収証(の半券が納税証明書のはず)です。

最後に代金が支払われますので、念のため口座を用意しておいてください。銀行名、支店名、種別、口座番号が分かれば、通帳はなくて構いません。中古車買取において、売却時に車検がまだ一年一ヶ月以上あれば、業者によっても違ってくるかもしれませんが、約数万円程度のプラス査定になるでしょう。しかしながら、車検まで1年以下しか残っていないときには幾分残りがあったとしても見積もりに影響を及ぼしません。

残りの車検の期間が長いと査定に有利ではありますが、売却予定になってから車検を行ってもあらかじめ車検をするために掛かった以上の金額が査定価格に加算されて回収出来ることはないでしょうから、手間と時間を掛けて事前に車検を通す必要は全くないでしょう。車を査定に出すとわかりますが、買取業者によってその額は異なります。安く買い叩かれて意に沿わない取引になってしまわないように、一社だけでなくいくつもの業者から見積もりを出してもらうのがよいでしょう。ところで、ネットなどで業者が示す見積もり額と実際に出る査定額とは往々にして異なるものですので、そこは気を付けておきましょう。

まれに、ネットの見積額は高く出して、査定額は格安にしてしまうというたちの悪い業者もいることはいます。

ボディにキズやへこみがある場合には査定額が下がるのが普通です。でも、それを避けようとして前もって個人でへこみやキズを直すことは勧められません。前もって個人でキズ等を直したといっても、自分で修理するのにかかった費用以上に高く見積もってくれる保証はないからです。売却予定の車を個人で修理するよりも、中古車を実際に買い取った後で、販売店から提携先の業者に修理をお願いした方が費用を抑えることができるというのがその訳です。これまでに私は車の買取を頼みました。自分だけでなく、買取を頼まれたほとんどの方は買取時の査定価格を高くしたいと思うはずです。

そのためには車の専門誌やインターネットの買取サービスなどを利用して、よく買取価格の相場を掴んでおくことが必要だと思います。そうすると、買取の査定価格が高くなる可能性はアップすると思われます。